ケアマネ試験の対策

ケアマネ試験の対策記事一覧

ケアマネ試験と実務経験

ケアマネ試験の受験資格はさまざまな要件が絡んできます。大きく分けると特定の資格を取得していることと、一定期間の実務経験を得ていることが求められます。あらかじめ受験資格を得ているかどうかを確認しておく必要があるわけですが、注意したいのは医療・福祉関連の仕事を経験していた場合、その仕事が実務経験の対象に...

≫続きを読む

 

ケアマネ試験と実務経験の期間について知ろう

特定の資格を持っている場合以外でケアマネ試験を受験する場合には一定の実務経験を経ている必要があります。たとえばホームヘルパー2級以上を取得している場合は介護施設での実務経験が5年以上、あるいは何の資格もない場合には10年以上などです。ですから、試験の申込みを行う場合には実務経験を満たしていることを証...

≫続きを読む

 

ケアマネ試験の概要について知ろう

ケアマネになるためには試験に合格する必要があります。厳しい受験資格が設定されていることで有名な資格ですが、それを満たした上で正しい形で申込みを行う必要があります。試験は毎年10月第4日曜日に実施されています。ケアマネ試験を受ける上で注意しなければならないのが試験を受ける場所です。各都道府県別に実施さ...

≫続きを読む

 

ケアマネ試験の合格基準について知ろう

ケアマネ試験は難関と言われています。合格率そのものも20%前後と高い水準にありますし、実務経験や医療・福祉関連の資格など厳しい受験資格をクリアした人が受験する資格のため、受験者レベルが高く、数字上の合格率以上に難関資格ということが言え、合格には高いハードルが要求されるのです。さらにケアマネには今後質...

≫続きを読む

 

ケアマネ試験の試験科目と時間

ケアマネ試験に限った事ではありませんが、資格試験は時間との戦いとなります。試験時間内にしっかりと解答することができるか、すべての問題を納得の行く形で取り組むことができるかがポイントとなります。そのためにも時間・ペース配分がとても重要です。それでは、ケアマネ試験の試験時間はどうになっているのでしょうか...

≫続きを読む

 

ケアマネ試験の難易度と合格率について知ろう

ケアマネ試験が毎年実施されるたびに、必ず合格率のことが話題になります。また、これからケアマネを目指す場合には、毎回の合格率のことが気になることでしょう。資格試験の難易度は単純に合格率でははかれません。たとえば、医師の国家試験は合格率80%程度となりますが、医師の国家試験が簡単だと思っている人はいない...

≫続きを読む

 

ケアマネ試験の受験資格

ケアマネ試験は試験そのものの難易度や合格率よりも受験資格の方に注目が集まることが多いようです。非常に厳しい受験資格が設定されており、まずそれを満たすことがケアマネジャーを目指すうえでの第一歩となるからです。ケアマネ試験の受験資格は大きく分けて特定の資格を取得していることと、介護関連の業務で一定期間の...

≫続きを読む

 

ケアマネ試験の対策について

ケアマネ試験の合格率は20%程度。厳しい受験資格をクリアした人だけが受験できるシステムを考えると決して高い合格率とはいえません。その一方でしっかりと対策をしたうえで勉強さえすれば、決して難関という数字でもありません。それだけに事前にどれだけしっかりと試験対策をするかがポイントとなってきます。ケアマネ...

≫続きを読む

 

ケアマネを目指す勉強の手段

ケアマネ試験の勉強方法に関しては大きく分けて3種類の対策が考えられます。通学の講座に通う方法、通信講座を利用する方法、そして独学です。これらのうちどの方法がもっとも適しているかはひとりひとりの好みや性格、そして生活環境によって決まってきます。まず通学のメリットを挙げておきましょう。直接講師と向きあっ...

≫続きを読む

 

ケアマネ試験の通信講座選び

ケアマネ試験の対策は通信講座が適しているといわれています。実務経験を積むために医療・介護関連の仕事に従事しながら勉強する必要がある、あるいは医師や薬剤師など他の仕事に従事しながら資格の取得を目指しているといったケースが多いからです。自分のペースで勉強を進めていける点が通信講座の大きなメリットですが、...

≫続きを読む

 

そもそもケアマネの試験とは?

ケアマネの資格を得るためには、当然のことながら資格試験に合格しなければいけません。そして、試験に合格後に研修を受講することで、はじめて介護支援専門員と名乗ることができるようになります。ここではこのケアマネジャーになるための第一関門である、試験について簡単に説明して見たいと思います。ケアマネの試験は毎...

≫続きを読む