ケアマネージャーの仕事

ケアマネージャーの仕事〜その2記事一覧

ケアマネージャーの仕事〜住宅改修支援の解説

ケアマネージャーの仕事の一つに、住宅改修支援というものがあります。その名の通り、家を改築する際にアドバイスをする仕事です。寝たきりの高齢者や足腰の弱った高齢者がいる家庭では、一般的な基準で建てられた家での介護が難しいケースがあります。高齢者は、ちょっとした段差等でつまづいて転んだりしますので、バリア...

≫続きを読む

 

ケアマネージャーの仕事〜要介護認定について知る

ケアマネージャーの重要な仕事として、要介護認定があります。要介護認定は、介護保険の給付を受けるために必要になります。一般の健康保険の場合は、保険者証を持ってさえすれば、病気などの際に自動的に保険が適用になります。しかし、介護保険の場合は、保険者証を持っているだけではだめで、まずは要介護認定を受ける必...

≫続きを読む

 

ケアマネージャーの仕事〜給付管理

ケアマネージャーの仕事の中には、ケアプランにともなう給付管理という仕事もあります。給付管理というのは、高齢者が実際に受けた介護サービスと、事業者が提出する給付管理票、それに介護給付費請求書などをチェックする仕事です。事業者から国民健康保険団体連合会へ提出された介護給付費請求書は、それだけでは通用しま...

≫続きを読む

 

ケアマネージャーの仕事〜ケアプラン

ケアマネージャーの仕事の代表的なものとして、ケアプランの作成があります。ケアプランというのは、どんな事業者からどういった介護サービスを受けるかという予定表を作成する仕事です。あらかじめ、介護を必要とする高齢者や家族の意見を聞いてから作成することになります。福祉のの専門家であるケアマネージャーがケアプ...

≫続きを読む

 

ケアマネージャーの仕事〜介護療養型医療施設

ケアマネージャーが活躍する場所の一つとして、介護療養型医療施設があります。介護療養型医療施設は、医療看護を受けつつ介護してもらえる施設として人気があります。また介護療養型医療施設に似た施設として、介護老人福祉施設と介護老人保健施設があります。介護療養型医療施設は、医療レベルが高いことが特徴です。ただ...

≫続きを読む

 

ケアマネージャーの仕事〜介護老人福祉施設

ケアマネージャーの職場の一つとして、介護老人福祉施設があります。介護老人福祉施設というのは、わかりやすく言えば老人ホームのことです。老人福祉法のもとでは特別養護老人ホームと呼ばれていましたが、介護保険法が制定されたことで介護老人福祉施設と呼ばれるようになったのです。介護保険法によると、介護老人福祉施...

≫続きを読む

 

ケアマネージャーと介護老人保健施設

ケアマネージャーが活躍する職場で代表的なものの一つに、介護老人保健施設があります。介護老人保健施設とは、一般的に介護認定において要介護3から要介護5の高齢者が利用できるところです。健康状態には大きな問題がないものの、介護を必要とする高齢者が利用していることが特徴です。ちなみに、介護老人保健施設に「指...

≫続きを読む

 

ケアマネージャーはどんな仕事をするのですか?

それぞれの高齢者のニーズや希望にあわせて、できるだけベストな選択肢をアドバイスするケアマネージャーの仕事は、一言で言うなら「介護のコーディネーター」といえます。介護サービスを利用する高齢者や家族によって希望も違いますし、希望する生活スタイルと必要な介護がマッチしない事も少なくありません。国からの支援...

≫続きを読む

 

ケアマネージャーのニーズと様々な職場について

日本全国に急速に広がる高齢者社会。そのため、ケアマネージャーのニーズも急速に増加しています。ケアマネージャーが活躍する職場は多くの分野にわたっていて、医療施設や福祉施設などがさまざまな職場で多くのケアマネージャーが活躍しています。たとえば、2004年からケアマネージャーの常駐が義務付けられた有料老人...

≫続きを読む

 

居宅介護支援事業所でケアマネージャーとして働くには?

ケアマネージャーとしての資格を持っている人にとって最も一般的な職場が、居宅介護支援事業所です。居宅介護支援事業所は全国にバランスよく存在していて、その数は全国で25,000箇所以上とも言われています。そして、そこで必要とされているケアマネの数は65,000人以上。都市部では高齢者の数も多いのでケアマ...

≫続きを読む