ケアマネージャー試験に一発合格するための裏ワザとは?

ケアマネ試験に一発合格するための裏ワザとは?

言うまでもありませんが、ケアマネ試験は難関試験です。

 

ここ数年来20%台の合格率で5人に1人しか合格出来ない狭き門でしたが、平成23年度はさらに狭き門となり、合格率は過去最低の15.3%となりました。

 

6人に1人程度しか合格出来なくなりました。

 

今後ケアマネ試験は、ますます難化が予想されます。

 

いまのうちに取得しておかないと、永遠に合格をあきらめなければならなくなる可能性があります。

 

ですから、何が何でもまず合格することを第一に考えましょう。

 

そのためには、試験対策としての裏ワザも必要です。

 

裏ワザで合格しても実力が伴わなければ仕方がない、などと考えないでください。

 

実力は、合格してからゆっくりと身につければいいのです。

 

年々ケアマネ試験が軟化している以上、どのような手段を使ってもまずは合格してしまったものが勝ちです。

 

では、ケアマネ試験における裏ワザとはどのようなものでしょうか?

 

ご存知の通り、ケアマネ試験は五肢択一式行われます。

 

5つの選択肢の中から1つを選ぶ形式です。

 

ということは、適当に解答しても20%の確率で正解になるということですね。

 

ケアマネージャー試験に合格する裏ワザとは、この正解率を高めるための工夫をすることです。

 

5つの選択肢のなかから、明らかに間違いだと思われるものを1つ見つければ選択肢は4つとなり、適当に解答しても25%の確率で正解になります。

 

さらに、明らかに間違いだと思われる選択肢を2つ見つければ、選択肢は3つとなり、まったく勉強したことのない素人が解答しても33%の確率で正解になります。

 

では、確実に選択肢を減らせる技をご紹介します。

 

それは、断定口調になっているものは間違いの可能性が高いということです。

 

「必ず」「絶対に」「決して」「すべて」「常に」などの言葉に注目してください。

 

選択肢にそれらの言葉が入っていたら、誤った選択肢であることを疑ってみてください。

 

それだけで、正答率が大幅にアップすると思います。

 

ケアマネ試験一発合格の秘訣はこちら