ケアマネ試験に予想問題集は使ってはいけません

ケアマネ試験に予想問題集は使ってはいけません

ケアマネ試験の勉強がある程度進んで試験も近くなってくると、腕試しのために予想問題集にチャレンジする人も多いことでしょう。

 

しかし、予想問題集にチャレンジした多くの方は、思ったほど出来が良くなくてがっかりすることになるでしょう。

 

散々勉強をしてきて、準備万端で挑んだのに、なぜそういう結果になるのでしょうか。

 

結論から言いますと、それはあなたの実力不足ではなくて、予想問題集の問題のレベルが高いということに他なりません。

 

では、なぜケアマネ試験の予想問題集に掲載されている問題のレベルは高いのでしょうか?

 

もしケアマネ試験の受験者が予想問題集で合格水準の正答率をコンスタントに出していたにも関わらず、実際の試験に落ちてしまったとしたら、当然その予想問題集はクレームにさらされることになるでしょう。

 

予想問題集で合格点をコンスタントにとっていたのであれば、当然のことながら本番の試験で合格出来るものと誰もが思ってしまします。

 

ですから、そういったクレームが来ないようにケアマネージャー試験の予想問題集にはレベルの高い問題を多く掲載する傾向があります。

 

試験直前の力試しのはずが、自信喪失になってしまったのでは大変です。

 

やはり、ケアマネ試験対策の問題集は過去問ベースのものを使うべきです。

 

実際に過去に出題された問題ですから、基本的に問題のレベルが実際の試験より難しかったり簡単すぎたりといった心配がありません。

 

そもそも、これから出題される問題を予想できるはずがありません。

 

「予想問題」という言葉に騙されないでください。

 

これからケアマネ試験を受験する人のために、予想問題集ではなく、過去問ベースの問題集を使って、驚異的な合格率を誇る勉強法を紹介したいと思います。

 

ケアマネ試験一発合格の秘訣はこちら