ケアマネ試験に合格する効果的な勉強時間とは?

ケアマネ試験に合格する効果的な勉強時間とは?

ケアマネ試験を受験するにあたって、どのようなスケジュールを組んで勉強したらいいのでしょうか?

 

ケアマネ試験にチャレンジする人の多くは、仕事を抱えながら独学で勉強をしていると思いますので、勉強時間の確保は大きな課題です。

 

仕事が忙しくて疲れて帰ってきた日などは、まったく勉強する気になれず、ついついやるべきことを先延ばしにしがちです。

 

「休みの日にまとめて勉強すればいいや」

 

ついついそんな風に考えてしまいがちです。

 

しかし、まとめて勉強時間を取るやり方では、まずケアマネージャー試験に合格することは出来ません。

 

1週間に1日だけ10時間勉強するよりも、毎日30分ずつ勉強するほうが間違いなく力が付きます。

 

1週間のトータルの勉強時間は、毎日30分の場合わずか3時間30分です。

 

それにもかかわらず、まとめて1日10時間勉強するよりも力が付くのです。

 

寝だめが出来ないのに似ていますね。

 

ケアマネ試験に合格するためには勉強時間をコンスタントに確保することが重要なのです。

 

ではなぜそういう結果になるのでしょうか?

 

実は、人間は1週間前にやったことなどすっかり忘れてしまうからです。

 

せっかく1日10時間も勉強したとしても、おそらく1週間後にはほとんど忘れていると思います。

 

実際にやってみれば、わかります。

 

それに対して、前日やったことの復習を交えながら毎日勉強すると、しっかりと記憶に残ります。

 

忘れる前に復習するから、きちんと記憶に残るんですね。

 

すっかり忘れてしまってから復習しても意味がありませんし、それは復習というよりも、単に振り出しに戻っただけになります。

 

忘れては憶えて、忘れては憶えて、それをいくら繰り返しても実力が付か中ことは容易に想像できることでしょう。

 

ケアマネ試験で一発合格を目指すならば、少しの時間でもいいので毎日コツコツと勉強することが大切になります。

 

ケアマネ試験に合格できるかどうかは勉強法ですべてが決まるといっても過言ではありません。

 

ケアマネ試験一発合格の秘訣はこちら