ケアマネージャーの仕事〜その3

ケアマネージャーの仕事〜その3記事一覧

グループホームでケアマネージャーとして働くには?

2004年からケアマネージャーにとっては新しい職場として選択肢が広がったグループホームは、老人達がグループで生活をしている生活の場です。有料の老人ホームやグループホーム、ケアハウスなどがありますが、2004年以前にはケアマネージャーの常駐は義務付けられていませんでした。しかし、2004年にケアマネの...

≫続きを読む

 

介護保険施設でケアマネージャーとして働くには

介護保健施設は、設置している機関や利用できる高齢者がどのぐらいの介護が必要か、などによって・介護老人保健施設・介護老人福祉施設・介護療養型医療施設の3種類に分類する事が出来ます。これらの施設は介護が必要な高齢者が生活している施設で、入所している高齢者100人に対してケアマネージャーの資格を持つ人が最...

≫続きを読む

 

民間企業でケアマネージャーとして働くには

福祉施設ではなく、民間企業や公的な機関でケアマネージャーとして仕事をする事もできます。たとえば公的機関でもある在宅介護支援センター、市町村によって設置されている保健センター、自治体の役所にある介護保険課、医療福祉センターなどの施設でも資格を持っているケアマネージャーのニーズは高まっています。こうした...

≫続きを読む

 

気になるケアマネージャーのお給料ってどのくらい?

資格を取ってケアマネージャーとして働きたいと考えている人にとって、実際にはどのぐらいの給料や年収が期待できるのかはかなり気になる点だと思います。ケアマネージャーは、医療機関、福祉施設、公的機関などいろいろな職場で仕事をする事ができますが、職場によって毎月の労働時間が異なるので当然収入も異なります。平...

≫続きを読む

 

ケアマネージャーの業務としての面談

ケアマネージャーの業務は、本来のケアマネとしての業務と、その他の兼任業務にわかれます。まず、ケアマネージャーとしての業務は、介護サービスを利用する要支援・要介護者、その家族と面談を行って、必要なサービスや状況の把握をするところから開始されます。この面談は当然双方向性を持っており、ケアマネが対象者とそ...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー業務の解説〜ケアプラン作成

介護サービス利用者・その家族と面談を行い、必要な介護サービスの決定、利用にあたっての要望、その他経済状況や家庭状況などの必要な情報を把握できたら、次はこの情報を元に実際のサービスを行う計画「ケアプラン」を策定していくことになります。ケアプランは、介護保険制度の利用が主眼となりますので、介護サービス利...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー業務の解説〜ケアプラン作成2

介護保険制度を利用しての居宅介護サービスプランを作成して手配を行うのがケアマネージャーの主業務ではありますが、実際のところ、保険適用範囲のサービスだけではサービス利用者の必要を満たすことができないという状況が非常に多く発生します。これは、現在の介護業界の状況として、サービスを必要としている人に対して...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー業務の解説〜サービス状況チェック

ケアマネージャーの仕事は、ケアプランを渡して実際のサービスが始まったら、それで役割が終了するわけではありません。サービス利用が始まった後も、計画通り適切なサービスが行われているか、受けているサービスが現実として有効に機能しているかどうか、サービス利用者の要望を満たしているか等について、利用者と家族か...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー業務の解説〜兼任業務

ケアマネージャーの平均年収は379万円だというデータがありますが、この平均年収、実のところケアマネとして働いた収入ではない部分が多く含まれています。実際の現場においてケアマネージャー業務の専業で就いている人というのは非常に珍しく、大部分が介護福祉士や看護師などを兼任している状態になります。ですので、...

≫続きを読む

 

ケアマネージャーとして転職するには?

フルタイムで仕事をしながら勉強して資格を取得し、晴れてケアマネージャーとして転職できる状況になった場合、どのように転職先を探したらよいのでしょうか?現在の職場が医療機関や福祉施設などの場合には、試験に合格した事を上司に報告しておけば、仮にポジションに空きが出た場合には優先的に声をかけてくれるかもしれ...

≫続きを読む