ケアマネージャーの試験対策〜その4

ケアマネージャーの試験対策〜その4記事一覧

ケアマネージャーの試験に確実に合格するために

ケアマネージャーとして仕事をするためには、資格試験に合格する必要があります。。この試験は毎年1回10月に行われていて、毎年の合格率も20%〜25%と安定しているのが特徴です。(ただし、平成23年度は合格率15.3%とかなり低い数字になりました。)きちんと受験のための準備と対策をしていれば、難しくて合...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー試験に合格するコツ

ケアマネージャーの資格試験に確実に合格するためには、一朝一夕の叩き込み勉強では合格できません。どんな受験でもそうですが、受験のためのスケジュールや計画をきちんと立てて、無理のないスタイルでコツコツと受験のための準備を進める事が大切です。フルタイムで仕事をしている人にとっては、仕事をして疲れた体に鞭打...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー試験問題の分析〜介護支援分野

ケアマネージャー試験は5枝選択式の全マークシートで行われます。記述問題や、数字を記入させる問題などは無く、全てが「次のうちから適切なものを選べ」というスタイルで出題されます。問題数と試験時間から言って、1問1分〜2分程度の時間配分となっていますが、見直しの余裕などを考えると1分前後で解答する必要があ...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー試験問題の分析〜保健医療サービスに関する知識等

ケアマネージャー試験の問題中、「保健医療サービスに関する知識等」は全20問からなり、主に介護の医療的な側面に関する知識が問われます。医療的な知識ということで、医療系資格(甲)に当たる「医師・歯科医師」を持っていると全問が、「看護師・薬剤師・理学療法士・ハリ・柔道整復師」などを持っていると15問が免除...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー試験問題の分析〜福祉サービスの知識等

ケアマネージャー試験の試験問題で、最後の区分がこの「福祉サービスの知識等」です。介護福祉士や社会福祉士、精神保健福祉士などの資格保有者は免除される出題区分であり、主に介護、支援の在様についての認識、知識が問われます。この区分は出題数15問です。平成22年度の実際のケアマネージャー試験の問題を眺めてみ...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー試験と講習会での勉強

ケアマネージャー試験の勉強を独学メインで行う場合、積極的に利用していきたいのが各地で行われる講習会の類です。各地の行政の就職支援サービスで行われたり、福祉協議会などの民間団体が主催して行われ、大体は有料ですが中には無料の講習もあります。一般的な例では、丸一日の講習+模試で1万円前後というところでしょ...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー試験の最適な勉強法〜介護系分野

独学、通信教育、通学講座と大まかに3通りの勉強方法があるケアマネージャー試験の勉強ですが、どれが一番良いということを一概に言うことはできません。これが、専門の育成機関で課程履修する必要のある資格などであれば、ある程度条件が揃うので「最優」の方法を挙げることも可能なのですが、ケアマネージャー試験の場合...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー試験の最適な勉強法〜医療系分野

看護師と同じく、現状働きながらケアマネージャー試験の勉強をする場合でも、医師・歯科医師の場合は少し事情が異なってきます。この医師系資格2つは、他の職種に比べてそもそも要求される勉強量が違っていますので、学習するための習慣付けやサポートがあまり必要でないという現実があります。特に医師の方は、普段の業務...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー試験の最適な勉強法〜看護師・歯科衛生士

激務の代表格と言われる看護師の場合、ケアマネージャー試験勉強も如何に学習時間を確保し、その時間内で効率よく勉強するかが課題になってきます。シフト勤務となることが多い看護師では、通学講座を選ぶことは困難ですので、独学か通信教育の2択、もしくは併用となります。実際問題として現在の業務だけでも忙しい看護師...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー試験の最適な勉強法〜栄養士・求職中

栄養士資格もケアマネージャー試験の受験前提資格となっていますが、普段の業務的にも前提資格の分野的にも学習すべきことがかなり多いので、独学のみでの学習は止めておいたほうが良いでしょう。栄養士・管理栄養士の勤務体系は、どのような職場に務めているかにもよりますが、真夜中に給食を作ったりということはまずあり...

≫続きを読む