ケアマネージャー試験問題の分析

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー試験問題の分析〜介護支援分野

ケアマネージャー試験は5枝選択式の全マークシートで行われます。

 

記述問題や、数字を記入させる問題などは無く、全てが「次のうちから適切なものを選べ」というスタイルで出題されます。

 

問題数と試験時間から言って、1問1分〜2分程度の時間配分となっていますが、見直しの余裕などを考えると1分前後で解答する必要があるでしょう。

 

介護支援分野は、試験問題中どの資格によっても免除にならない分野であり、ケアマネージャーに必要な知識の中心を成しています。

 

全25問で構成され、問題の傾向として多いのは、「介護、特に高齢者の現状」「介護保険制度の仕組み、範囲やや制定までの経緯」「介護に関する行政の動き、見解」「ケアマネジメント業務に関する知識、姿勢」などに関して出題されることが多いようです。

 

年度ごとに出題の傾向は変動しますので、あくまで目安ですが、平成22年度のケアマネージャー試験の問題を見る限り、介護保険や社会保険の仕組み、適用範囲に関わる問題が8問とかなり多かったようにも見受けられます。

 

介護保険行政まで含めると12問に達するため、ケアマネージャー試験においては介護保険の知識が非常に重要視されているということが判断できると思います。

 

実際、どのような問題が出題されるかは、各都道府県の関係部署が試験後に掲載する「平成○○年度試験問題」などを当たるのが一番確実です。

 

大抵の場合はPDF形式でアップされているので、それを印刷すてみると実際の試験の雰囲気もつかめて良いでしょう。

 

ケアマネージャー試験の過去問はその他、各種資格学校や資格講座が用意している過去問題集を当たるのも有効です。