ケアマネージャー試験の最適な勉強法〜医療系分野

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー試験の最適な勉強法〜医療系分野

看護師と同じく、現状働きながらケアマネージャー試験の勉強をする場合でも、医師・歯科医師の場合は少し事情が異なってきます。

 

この医師系資格2つは、他の職種に比べてそもそも要求される勉強量が違っていますので、学習するための習慣付けやサポートがあまり必要でないという現実があります。

 

特に医師の方は、普段の業務であっても常に勉強が必要なので、その勉強の一環にケアマネ試験の学習も挟み込んでしまうというのが妥当でしょう。

 

ケアマネ資格の取得を考えるような場合、そもそも担当している分野が高齢者医療などに近いことも多く、改めて体系的に学び直す必要は薄かったりします。

 

この場合、ほぼ独学で少し不安な部分を補強していくというスタンスで問題ないでしょう。

 

鍼灸・柔道整復師・理学療法士・作業療法士などの準医療系資格の場合も状況は似てきますが、こちらはもう少し学習すべき分量が多くなります。

 

これらの資格でケアマネージャー試験を受ける場合、介護支援分野と保健医療知識の一部、介護サービスについての出題となりますので、特に重視して学習するべきなのが介護支援分野になるでしょう。

 

この分野は法令や制度、行政の方針などが変わりやすい部分でもありますので、できれば最新情報を入手している通信教育などを主軸にするとよいでしょう。

 

特に、ハリ・灸、柔道整復師などで自分の医院を開業している場合、ちょっとした業務の合間や患者が少ない時などを使って学習ができますので、通信教育との相性が良いと言えます。